C-more

BLOG

カレシの元カノの元カレ

2017.1.19
アイキャッチ

もしかすると明日は雪になるって噂ですよ!?

どうもこんばんわ☆たけだです。


さて本日の事務所。
とあるメーカー様の「性病検査項目」が変更になるという話からの、関連する会話がよく飛び交った日でした。

お問合せや面接の際も「病気になったりしませんか?」というご質問をいただきます。

性的な行為を伴う業界にはつき物と思われがちな「性病」ではあるのですが、AV業界って「病気」に関して一番リスクが低い業種なんです



①共演する男優さんという方々はプロの方。
衛生面の管理がしっかりできていないと、男優さんとしてやっていくことはできません。

②基本の撮影はコンドームを使用して行われます。
特殊な内容でコンドームを使用しない作品の場合は事前に必ず性病検査を行います。

③女性同士のカラミがある撮影の場合も事前に検査を行います。

④プライベートなどでうつされた性病が確認された場合、医療機関から完治のお墨付きを頂くまでお仕事はお休みしていただいています。

⑤撮影に関わる演者さんの身元は全てわかっています。万が一現場で感染が確認された場合でも、保菌者の特定ができ、拡大しません。


風俗系のお仕事でお客様に性病検査を強いることは無理な話ですが、AV業界では「双方性病検査をすること」それが当たり前なんです。


モデルさんが性病をもらってお仕事ができなくなることは事務所にとってもとてもマイナスなことですので、普段から検査のこと、プライベートでのSEXで気をつけるべきことはお話をさせていただいてもいます。


職業柄たくさんの方から「性病」に関する相談を受けるのですが、、、
風俗系のお仕事をされていない方からの相談、要はプライベートでもらってしまったというご相談もとても多いんです。

皆様この広告をご存知でしょうか??
348829c1


「確かに!!」

これを始めて目にしたときに思いました。
完治しない病気はエイズだけではありません。

プライベートでのことよりも、衛生面で「安全」で「安心」なAV業界でございます。


・・・性病だけでなく

お酒を飲んだり、タバコの煙の中で仕事をしなければいけないカンパイ系のお仕事よりも健康でいられるお仕事だとたけだは自負しております

ちょっと説教じみた感じになってしまった本日のブログですが、そのぐらい意識を持って仕事をしていることをわかってもらえたら、もし明日が極寒の雪模様になったとしても、とびっきりの笑顔でパンツ1枚で外を走れそうな気がします←





ブログ一覧へ