C-more

BLOG

冬の必需品

2019.1.22
アイキャッチ

@東京 2019年に入っての降水量0.5mm(例年は52mmほどだそう…つまり十分の一以下ということ)
43年ぶりの事態だそうです。

低い湿度下では肌が乾燥するだけでなく、ウイルスが浮遊しやすい環境であり注意が必要><
SNSでも高熱の体温計画像や、インフルエンザの文字をたくさん見かけていらっしゃる方も多いかと思います。

健康面だけでなく火災が発生しやすかったり、意外と困る冬の雨不足。


困ること…

そういえば最近ちょっとした困っていること…

冬の必需品マスクをしていると
携帯の顔認証(Face ID)が反応しない
こと。

はい、、、ちっちゃな悩みですみません(笑)


メガネやニット帽は反応してくれるのに
マスクでは頑張ってもダメですね。。。

新携帯になって早4ヶ月、
最初は慣れなかった顔認証機能もいまではすっかり当たり前のように使ってました。

風邪やインフルエンザもらいたくないのと、着けていると暖かいのとで、お客様とお話をする時以外(よっぽど撒き散らす側ではない限り、ちゃんとはずしてます)はほぼ1日中着用しているマスク、、、

いちいちはずして顔認証したり
長くなったパスコードを入力するのが厄介で、設定甘くしたりしてなんとかならないかと検索してみたところ。。。。

「マスクしたままでも顔認証出来る!!」
みたいな表記になってますが、、、
「もうひとつの容姿を設定」でマスク姿は登録できず(顔を覆うものを外せと言うエラーメッセージが出ます)
IMG_3668

全くずらさずに正しくマスクを装着したまま、すぐに認証出来る方法はありませんでした。

ほとんどのブログが答えとして
「マスクから鼻だけ出せば認証する!」
※中には顔認証AIが学習を更にすれば認証されるようになるらしいと言う答えも?!
ということがかかれており、

ほほー。

と思ったので実験。

マスクをズリリッと鼻を出してみる

Σ( ̄□ ̄|||)


認証されない、、、、チーン
IMG_3664

え?
これは?

どうやら申し訳程度についているたけだの鼻はiphoneには認証していただけなかったようで、、、

そうなると、どこから認証していただけるのか探りたくなってミリ単位で何度も検証・・・

結果、唇のちょっと上ぐらいまでずらしてやっと、認証してもらえました('A`|||)
こうなってはマスクの意味はほとんどないんじゃないかという場所ですよね、、、(沈)

冬の間こんなにマスクつけてるのって日本人ぐらいって言いますしね(ーー;)


結論として、マスクでFaceIDは諦めろって事のようで、おとなしくパスコード打つことにします、、、トホホ(指紋認証カムバック!)


で、その後わかった事実。


マスクにおけるインフルエンザ予防

感染者からの拡散を防ぐことには効果があるが、予防としては不十分
だとか

以下引用(https://www.sankei.com/life/news/180126/lif1801260043-n1.html)
>>
インフルの感染経路には、患者のせきやくしゃみで飛んだウイルスを吸い込むことによる「飛沫(ひまつ)感染」と、ウイルスのついたドアノブなどを触った手で口や鼻に触れることでウイルスを取り込む「接触感染」がある。患者がマスクをしてウイルスを飛ばさないようにすることは重要だ。
 一方、感染予防としてマスクをすることはウイルスを吸い込む危険を低減させるが、防毒マスクのようなものでなければウイルスを完全に防ぐことは難しい上、接触感染は防げない。


予防にも全く効果が無いわけでは無いようですが、接触感染を防ぐ為にはこまめに手洗いうがいや、
十分な睡眠、加湿などその他の予防対策も行っていかなければですね^^

梅の花の開花など、冬の折り返しを迎える知らせが届く1月後半ですが、まだまだ続く冬
健康で過ごしていきたいものですね♪

P.S.
意外な盲点ですが、、、
スマートフォンの画面は菌やウィルスの温床になりがちだそうです。
手洗いうがい+こまめにスマホの画面の除菌も効果的かもしれません^^


ブログ一覧へ